月別アーカイブ :

今日のアカラ 「福木が育ってきたぜ」

今日のアカラ(fasado)

 

 11月11日。朝方は曇りぎみだったけど、なんだか窓の外はいつのまにかぽかぽかムード。気持ちのいいお昼どき。気持ちがいいから、今日もカメラを左肩にぶらさげてアカラをひとまわり。少し歩いていると、アカラ東側のリトルジャノス裏通りに福木並木がすくすくと成長し始めているじゃないか。植えて、もう4年もたってるからね、見栄えもだいぶよくなった。この福木、いわば、この「アカラ」をつくったときの施設にこめた「おもい」のひとつ。というのは「アカラ」は、この地の自然風土文化に根を生やすことを軸としてきたから、この「福木」もそんなおもいで植樹したんだね。でも福木って少しやぼったいし、さやわかさよりも、むしろ素朴なたくましさみたいな雰囲気。それもそのはず、「福木」は防潮、防風から建物の防火だって引き受けてくれる。蝙蝠の好きな実もつけてくれる。つまり、それこそこの沖縄の地のスーパーマンならぬスーパーツリーって感じ。昔から沖縄の住宅には屋敷林にしたり、住宅の門近くにそびえさせていたりしてたから、少々おとしをめした方にはいろんな思い出があるはずだよ。わたしも、ひとつだけある。夏休みに従兄弟とふたりで、この福木に「ツリーハウス」をつくってね、遊んでいたんだけど。ある日、けんかをして、意地悪な私は、その従兄弟を「ツリーハウス」に登らせてあげなかったんだよ。福木をみるたびに、あのころの意地悪なじぶんを思い出すんだよ。その従兄弟もいまでは病気でなくなっちゃったけどね。悪いことしたよ。とにもかくにも、沖縄生まれの少々お年をめしたかたなら、この福木にまつわる思い出は、ひとつやふたつではすまないはずよ。話はだいぶ脱線したけど、「アカラ」の福木が成長し始めたぜ。その並木路を歩きにこないか、どうだ。

KYOAKA3

へいそー