今日のアカラ 「今日も“アカラ”くいこう!」

今日のアカラ(fasado)

 

 今日の11月18日。午前10時7分。少しずつ「アガイティーダ」がアカラの屋根瓦を照らして始めてきた。なんだかあったかくなりそうな今日この頃。気持ちよくなってワッチング開始。とおもいつつ「ワリミ通り」を歩いていると、アカラギャラリー南側入口周辺で、なんどもアカラをバックに記念撮影を撮っているおばぁちゃんふたりを発見。連れとおもわれるおじちゃんふたりは、記念写真をすでに終えて、とっくにビーチの方に向かっている。それでもおばちゃんふたりは、記念撮影のあともアカラの壁面やターポリンを指差してなにやらおしゃべりは止まらない。なにしろ、そこから離れようとしないのだ。「えg2えg2g9t0y2y2y2っy2¥」。どうもふたりは、アジア漢民族系。言葉は、広東語、北京語、はたまた台湾語か? どうもよくわからない。わかったら話もできたのだが…。それにしても、アカラをバックにけっこう長い時間写真を写したり、話をしてくれたりするのはスタッフとしても、とてもうれしいことだ。ぼくたちは、4年前、この「アカラ」をつくったかんがえのなかに「古まいぢゅさら」をあげていた。つまり、時がたてばたつほどにその「美しさ」が育っていくというものだ。この東洋系の旅行客のおばちゃんたちも、「古まいぢゅさら」の芽吹きを感じてくれたのではないだろうか。そうおもって納得することにした。今日も「アカラ」くいこう!

お得なクーポンやセール情報
新着アイテム情報などを配信中!

フォローゆたしく!

記事を検索