月別アーカイブ :

今日のアカラ(11月21日 晴れ)

今日のアカラ(fasado)

 

 昨日の20日、アカラ北側の「チンマーサ」(沖縄語で村人の集まりどころ)で夕方まで、ヤースー(飲食部統括アドバイザー)とジャノスのスタッフがなにやら大工仕事をやっていたとおもったら、今朝、来てみてびっくり。すでに「チンマーサ」周囲のベンチが、ステージのような広さに早変わり。ちょっとしたコンサートもできそう。もともと、ここはショッピングに歩き疲れたひと、お友だちどうしのおしゃべりなどに使ってもらうためにつくったスペース。これからは、これまでの単なる腰掛けベンチではなく、カバンや荷物を置いたり、肘をついたり、子どもだったらそこに上がったり、ときには赤面症改善のための演説台などにも…とにかくいろいろ活用できそう。とくにアカラにきたお客さんが、そこで休むあいだに見知らぬひとともお話ができたらいいとおもう。言ってみれば、そこでみんなに「ゆんたく」をしてほしんだ。この「ゆんたく」は沖縄の古いことばだけど、それはただ生産的な言葉ではない。言ってみれば“おしゃべり”消費時間ってとこかな。でも、なにかを始めたり、ことをなしえたりするには、かならずその「ゆんたく」は先行投資で必要だったりするよね。そうこう考えていたら……新しい「チンマーサ」に、ふたり連れのカップルがさっそく。あれあれ、彼女がバッグを「チンマーサ・ステージ」に置いたよ。彼氏ともなんだかゆったり話してる。っほほう、こんなふうにみんなで新しい「チンマーサ」を使ってくれたらうれしいね。

KA-5

 

へいそー