月別アーカイブ :

今日のアカラ 5月17日

今日のアカラ(fasado)

 大体が朝10時半ごろである。アカラの南側に河が流れている。当初、ぼくはその河が北谷グスクの麓を流れる白比川だとおもっていたら、そうじゃなかったんだね。この川は埋め立ての土地造成かなんかで小さな川を浚渫工事したもんなだろう。

 その川でだいたい毎日、ボラやハト、台湾シロガシラなどにパン屑を餌にして空中に投げたり、川面に播いたりしている30代中半くらいの解体屋さんがいる。服装も白い作業服に身を包んでいるものだから、それもパン屑を空に両手をあげてるシーンなんかを見ていると、妙に神業師、つまり神の遣いのような気がしてならなかった。そして毎日見かけるうちに、最近はその神業師とゆんたくをするようにもなったのである。

 「動物は好きなんですか」(もちろんウチナーグチである。そのあとも同様)。

 「はいはい、小さいころから好きですね」

 「あなたが川の側に立っているのを見ていると、神さまじゃないかとおもってしまいますよ(笑い)」

 「ええっ、そんなことないですよ(笑い)」

 「釣りも好きなんでしょうね、きっと」

 「ああっ、好きですよ。だいぶやりましたよ」

 「へっ、やりましたって、じゃ今は」「ああっ、今はやりません。魚とはいえ、もう殺生はいいですよ。しません」

 「ほらほらやっぱり神さまだ(笑い)」

 「違いますよ、そんなことを言ったらボクネンさんに叱られますよ」(美術館を見ながら)。

 今日のアカラは、これで終わりなのだが。神業師がボクネンを知ってることにも驚いたが、いやいやこの世にはいろいろユニークの度を越えたひとがまだまだいっぱいいるよ。

今日のアカラ 5月17日

へいそー