おもしろTシャツを探せ【19枚目】OHB388

おもしろTシャツ看板2

 沖縄には基地が周辺に多くある関係で、本場のひとたちのTシャツ(なんと言ってもTシャツはアメリカ育ちだからね)を目にする機会が多い。恐らく日本全国でも沖縄ほどアメリカ人が日ごろよく着るTシャツを見る機会が多い県はないだろう。そういう意味で、Tシャツマニアのぼくは、いい勉強になっている。やはり本場のデザイン、本場の英語というところで、おもしろいのはおもしろいのだが、ときたま理解できない状況に遭遇する。まぁ、Tシャツ探険者には、またそこがおもしろいところなのだが…。

 先日、マックで「ベジタブルチキンマフィン」を口に頬張っていたら、大きな図体のアメリカ人ふたりが、黒いTシャツを着込んで入ってきた。しかも明らかにユニフォームだ。ものものしい感じがしたので、MP関係かとおもったらそうでもないふうであった。なんだか地味ながらしゃきっとしたTシャツだな、なんて思いながら、「ベジタブルチキンマフィン」をもぐもぐさせながら、気づかれないようバックプリントを恐る恐る調査させてもらった。背中には、白抜きでがしっかりとした太ゴチック文字で「INSPECTION」と刷られている。その下には「幸せを確保しよう」みたいなことが書かれている。下の文字については、小さい英語だったので、はっきりとした調査はできなかったのだが。

 さて、彼らのTシャツ…ぼくの頭では、なんらかの調査部門のスタッフたちなのだろうとおもいながらも、やはり大男が「INSPECTION」という迫力ある文字を開かせているのだから、軍の「犯罪鑑識」とかそういうふうなイメージも出てきたりしたのだ。まぁ、そんな部門にいる仲間たちが、「マックでも行こうぜ」と言って入ってきたのだろうとおもいつつ、家に帰ってその「INSPECTION」をとりあえず調べてみた。

 「INSPECTION」とは、とくにIT分野でネットワーク機器などが外部からの侵入などがないか流通するデータを監視することとある。「ああっ、なるほど」とおもいながらも、いま中国のハッカー問題などは、アメリカ本国を脅かしているし、ここ沖縄の地理的状況となると、米軍のIT部門は、それこそ重要な情報機関なんだろなぁ、と感じつつ、沖縄にいることのリアリティーを感ぜざるを得ないのだった。

 いや、それにしても、Tシャツってやつは、「世界状勢までかいま見せてくれる」もんだねぇ。

お得なクーポンやセール情報
新着アイテム情報などを配信中!

フォローゆたしく!

記事を検索