月別アーカイブ :

今日のアカラ No.24

今日のアカラ(fasado)

 最近のアカラ周辺は、けっこう観光客を中心にごったがえす。正直、県内客も増えればいいなぁと思っていると、先日の10月31日、なんと県内客を中心にかなりのひとだかりとあいなった。

 そうです、「ハロウイーン」なんでした。これまで、けっこうこの欧米の行事には、「どうでもいい」という態度であったのですが、あれよあれよと老若男女がぞろぞろと増え出したのにはびっくりした。いつのまに、この異国の文化がこの沖縄に普及したのかと思うほど凄い人出であったのである。

 でも、今回からなんだか、ハロウィーンというものが、「いいなぁ」とおもったりしたのは、けっこう「子どもたち」の参加がおおいことであった。もちろん、大人の参加も半端ではなかったみたい。こんなに楽しいのなら、いいではないかと。うれしくなったのである。

 なぜに「仮装」なのか?これもまたおもしろい。やっぱり「非日常」ほど素敵な日はないって言うのが、お祭りなんだね。なにしろ誰に命令されたのでもなく、ただただ来たくて集まって来るというのがいいね。

 自主的に積極的に自前の「仮装」というのが普段のじぶんを一段と輝かせてるんだね。こうなると、国境もないし、民族もない。いやいや、これは最近まれにみる、いいお祭りだぞっておもってしまった。なにしろ、「仮装」していないひとが不自然というのが、またいいね。

KA24

へいそー