おもしろTシャツを探せ【23枚目】

WOUNDED-WARRIOR

 ときどきライカムに行きます。そうすと、外国人がとにかく多いんですね。となれば、いろんなTシャツに出会えることになるのは必死。先日、ぶらぶらしていたら、いたいた不思議なTシャツを着けているアメリカ人が……。バックプリントにシンプルに「WOUNDED WARRIOR  PROJECT」とクロTシャツに白抜き。いや、やっぱり英語っちゅうのは、Tシャツによく合うとおもいましたよ。

 Tシャツ前面には兵隊が負傷兵をおぶって運んでいるシルエット。それがまたデザイン的にもインッパクとがあって、目につきました。むむ…それだけで、意味ありげなTシャツとおもうほかありません。

 さて、「WOUNDED WARRIOR  PROJECT」とはなんでしょう。言わば「傷痍軍人の支援プロジェクト」でしょうね。よく調べてみますと、トランプなどを販売してそれが購入される度に、その団体へ寄付されるのだそうです。このプロジェクトは1885年(明治18)に創設されたアメリカの巨大支援プロジェクトで、とてつもなく大きな団体らしいです。いやはや、アメリカって国はなんでも大味で、しかもスケールが大きいんですね。

 それしても、やはりTシャツは「歩く媒体」っていうのを、いまさらながら感じさせてくれました。そういう事例が少ない日本という国は、やはりTシャツの歴史も浅いだけに「歩く媒体」としての効力をまだまだ使い切っていないようですね。

お得なクーポンやセール情報
新着アイテム情報などを配信中!

フォローゆたしく!

記事を検索